ホーム>アトリエ便り

アトリエ便り

大竹五洋日常・萬屋本店

知人の石渡前市長のお店がリニューアルをして今日、オープニングセレモニーが行われた。ご招待を受けたので家族と行った。「萬屋本店」は江戸時代から続いた酒問屋であったが、ディスカウントショップの安い酒に押され先代が亡くなる時に店じまいをしてしまった。建物は関東大震災の直後に隣近所と共に建てられた古い建物である。これを結婚式やレストランを営む会社が借りうけ、店を改装したのであった。オープニングセレモニーには現市長や八幡宮の宮司、商工会議所の会頭など地元の名士たちも多く集まりとても盛大であった。

大竹五洋制作・段葛

注文も有り、このところ色紙の絵を描き続けている。今は最近きれいに整備された段葛を描いている最中である。

それにしても熊本の地震はひどいと思う。

 

大竹五洋制作・海棠の取材

今日は久々に晴れて暖かかった。海棠の色紙の絵を頼まれているので光則寺に取材に行く。海棠がきれいに咲いていた。

大竹五洋日常・モロッコの話

今日は大仏で広瀬晴子さんの話を聞く。元モロッコ大使で、日本モロッコ協会会長である広瀬さんからモロッコが日本同様、歴史の古い男系の王室であることなど興味深いお話しを聞く。

大竹五洋制作・馬

注文を受けて色紙に馬の絵を描くことになった。今その準備を進めているところだ。

このところ教室の問い合わせがまた増えてきた。春は新しいことを始める季節でもある。

大竹五洋日常・妙本寺の葬儀

おととい、昨日と妙本寺の早水住職の通夜と密葬に行く。個人的にも住職にはとてもお世話になっていた。

日蓮宗の高僧らしい厳かな葬式で、多くの人々が参列していた。立派なご住職であったので早すぎる死去が残念

でならない。

 

大竹五洋日常・色紙を買いに行く

今日、制作用の色紙を求めて鎌倉の社頭に色紙を買いに行く。なかなか変わった色紙があり、数枚買う。鎌倉は人が多かったが日本人より外国人の方が多い気がした。

大竹五洋日本画教室・スケッチ

今日の木曜日教室は大船のフラワーセンターでのスケッチ。教室の生徒10人ほどと行く。寒いせいか他に客もぱらぱらであった。

生徒のみんなは温室で一生懸命スケッチをした。

大竹五洋日常・鉢の木

バレンタインは妻の誕生日。鉢の木の折弁当を食す。とても味が深い。いつも以上にじっくりと食べた。

大竹五洋制作・色紙お雛様

最近は色紙の作品を描いている。現在は立ち雛を描いている最中である。

ページの先頭へ