ホーム>アトリエ便り

アトリエ便り

大竹五洋日常・花のスケッチ

天気が良かったので大船の県立フラワーセンターにスケッチに行く。とても混雑していて描きにくかった。

ゴールデンウィーク本番

今日は日曜教室の日であったが、帰りは混雑のため、江ノ電が1時間以上待たねば乗れないと言う。歩いた方が早いので運動と思い歩いて帰宅した。とても疲れた。

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークに入ったが連日の雨である。写真資料の整理など家での作業をする。

草刈り等庭の手入れは連休前の晴れの日におこなった。

 

大竹五洋活動・ロータリー展終了

今日、無事にロータリークラブの展覧会が終了した。終わると、疲れがどっと出る。

大竹五洋活動・ロータリー展開催

今日、鎌倉市学習センター地下にてロータリークラブ同好会の絵画展が開催された。

五洋会が中心になって飾りつけを行う。なかなか見ごたえのある力作ばかりだ。

20日まで開催する。

大竹五洋日本画教室・遠方からの入会

以前、当教室で学んでいた人が、改めて入会をした。

愛知県の常滑からわざわざ鎌倉に絵を学びに来られる。

新幹線、在来線と乗り換えて往復するので、ほとんど旅である。

熱意を感じさせる。

大竹五洋活動・ロータリー展覧会

絵の制作、石川テレビの取材などあわただしく過ごしていたが、今は今月行う、ロータリークラブ

の同好会による展覧会の準備をしている。今まで参加してくれていた地区や会員が不参加だったり

作品が集まるかどうか心配であったが、このところ集まり始めている。数年やっている事業なので

成功させたい。

石川テレビとの打ち合わせ

23日、木曜日教室の会場にて石川テレビのスタッフとの打ち合わせがあった。そこで伊東深水関連の番組を作るため、出演を依頼された。なぜ石川県なのか、それは2~3年ほど前に亡くなられたしんちゃんが能登に住んでいたからだ。しんちゃんとは画家の勝田深氷氏のことで、女優の朝丘雪路の弟である。しんちゃんは元々油絵を描いていたのだが、その後は大和絵に転向されアメリカで活躍されていた。晩年はよく我が家へ電話をかけてくれた。生前、しんちゃんが「(父深水の)美人画を受け継いだのは五洋さんだ。」とよく言っていたことが伝わり、今回の取材となった訳である。

大竹五洋美人画制作・バレリーナを描く・完成と納品

バレリーナの絵は17日に、ほぼ出来上がった。この後、顔を中心に微調整をして、19日の夜にやっと完成した。20日が納品日であったが、晴れ間が続いていたのに、この日だけが雨天で、なにか意地悪でもされた気分であった。午前10時が約束の時間だったので、雨の中、作品を持って行った。依頼主のご自宅はモダンで立派な建物である。二階まで吹き抜けで天井の高い、カナダから取り寄せた板の壁のリビング中央に絵は飾られた。部屋をイメージしての色遣いであったため良く合っていた。今回のポーズと衣装は、聞けばモデルになった娘さんがドイツに行って初めて公演したときの物だと言う。とても喜ばれて絵描き冥利につく。

 

大竹五洋美人画制作・バレリーナを描く・進行状況

制作中にひびが入ったため、最初から描き直している。今度はより慎重に進めている。

前回、顔の表情がどうしても納得いかなかったが、今回はとても良い顔に描けてた。

昨日、画室の照明を最新のものに買い換えた。四十数年前からなじんでいた蛍光灯用照明

はいかんせん暗かった。今度はとても明るくなり、より制作が進む。

ページの先頭へ