ホーム>アトリエ便り

アトリエ便り

大竹五洋日常・りんごを描く

信州より頂いたリンゴが立派だったのでおもわず矢立てでスケッチをした。本物そっくりに描けた。

大竹五洋制作・観音菩薩を描く3

書き忘れていたが、一週間ほど前に観音菩薩の絵が完成した。依頼主にお送りするものの、手元にあっても良いと思い、先の描きかけの方の絵も描き上げた。今後、個人的なテーマとして仏画を描くかもしれない。

大竹五洋制作・観音菩薩を描く2

観音菩薩の絵もいよいよ完成に近い。明日にでも出来あがりそうである。

大竹五洋日常・ロータリーの卓話

今日のロータリークラブの卓話はディノスセシールの上田会長の話であった。日本は大赤字なので、もっと自分の国の良いものを世界に売り込まなくてはならないというお話しであった。今までの卓話のなかでも特に勉強になった。

大竹五洋日常・ロータリークラブ地区大会

10月19日に横須賀でロータリークラブの地区大会があった。80歳以上は表彰された。仲間には壇上で一番元気だと言われる。

会場では小泉純一郎氏の話が聞けた。

大竹五洋日本画教室・

会場の都合で変則的に今日が日曜教室の日であった。教室の生徒さんは皆、矢立てで線を描いている。線を引くのにやはり筆を使い墨で描くのが良い。

教える方も神経をとがらせる。やはり人に絵を教えるというのは疲れるものである。

大竹五洋制作。観音菩薩を描く

依頼により観音菩薩を描いている。現在、資料を見ながら下図を描いている最中である。丁度、今日のロータリークラブの卓話は神社仏閣がなぜ現在でも続いているのかという話であった。

大竹五洋日本画教室・建長寺スケッチ会

今日は建長寺で野外スケッチを行った。台風が近づいているため、あいにくの荒天であった。雨の中、山門の下からスケッチを描いた。

大竹五洋日常・暴君若猫

雨の時は猫もおとなしい。雨が上がると活発に動く。うちにいる猫はとても激しい。

三日ほど前は朝からカラスの右腕をくわえてきた。羽を広げてじゃれていたのだが、この猫がカラスを仕留めたのであろうか。

昨日は飛んでいるトンボをジャンプしてキャッチしていた。とても狩りが好きな猫である。

大竹五洋日常・ねこ

我が家に猫が来て一か月になる。8月の半ばのある日、子猫が家に来るようになった。最初は無視をしていたが、やせ細って小さかったので仕方なく餌をやった。居ついてしまったので、専門家にお願いして去勢をしてもらった。最初はメスだと思っていたがオスだったのだ。こうして子猫を外で飼うことになった。今ではすっかりたくましくなり、庭先で飛んでいる虫をとらえるようになった。

ページの先頭へ