ホーム>アトリエ便り

アトリエ便り

大竹五洋日常・石段の草刈り

ここ2、3日前から庭の草刈りをしている。今日は石段を舐めるようにきれいに刈った。少し疲れた。

大竹五洋日常・猫小屋

うちの猫は狩りが好きである。最近はよくモグラを仕留めてくる。モグラの死体がたまに玄関に転がっている。

今日、猫小屋をのぞいたら小屋の中にモグラが転がっていた。蠅もたかるので処分して小屋のフタを開けて一日、日陰干しをした。

大竹五洋日常・ロータリークラブ席替え

今日はロータリークラブのテーブルの席替えがあった。自分の名前が無いので怪訝に思っていたら人に「先生は一番だよ」と教えてもらう。意外と

いちばん最初と言うのは目に行かぬものだ。

大竹五洋日常・マイペースな猫之一日

最近は猫が家の中に入ってくるようになった。朝、台所の勝手口からスッと入り餌を食べた後、部屋の片隅にある羊の毛皮の座布団が敷いてある段ボール箱に入って寝る。少し仮眠をとると鳴いてドアを開けるよう促す。夕方になるとまた戻ってきて段ボールのベットで寝る。深夜鳴いて人を起こしてドアを開けさせて悠々と外に行く。

大竹五洋日常・訃報

義理の妹が癌で亡くなったとの知らせを受ける。絵に理解のある人であった。合掌。

大竹五洋制作・小品を描く

このところ色紙大など小品の絵を描いている。先日は三宝柑を描き、今日は小花の盛り花を描いた。

MOA美術館

昨日、MOA美術館で開催された尾形光琳300年忌記念の展覧会に行った。師の伊東深水の「日本画家は琳派を学ぶべき」との教えもあり、杜若と梅の2そうの国宝の屏風を是非見たいと思った。わざわざ熱海行ったのだが、あの美術館の建物のがらんとした館内を延々とエスカレーターで上がるのはいまいち好きになれない。国宝2点はいいとして他の展示も自分としてはいまいちな作品ばかりだった。とにかく歩き疲れた。

大竹五洋制作・りんごと赤絵の鉢

F8号のりんごと赤絵の鉢の絵が完成した。実際の号数よりも大きく見える。我ながら悪くない絵である。

大竹五洋日常・葬儀

親交の有る「鉢の木」の社長のご母堂が亡くなられた。今日はその葬儀に行く。

大竹五洋日常・客人

今日、あいにくの天気ではあったが、自宅に日本画教室の生徒でもある腸詰屋のオーナーが自宅を訪れた。絵を見ながら話も弾んだ。

ページの先頭へ